ニュース

GHA2017で『グロースハッカー大賞』を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
205

株式会社スプリットエンジン(代表取締役 牧野 健太郎 以下、スプリットエンジン)は、2017年3月14日に開催された「GROWTH HACKER AWARDS 2017」において、『グロースハッカー大賞』を受賞しました。

 


(左、Kaizen Platform Inc. CEO 須藤氏/右、当社代表 牧野)

Kaizen Platform Inc.(CEO 須藤 憲司 以下、カイゼンプラットフォーム社)が主催する「GROWTH HACKER AWARDS」は、日本企業がグロースハッカーを活用するために解決すべき3つの課題「グロースハッカー人材の育成」「グロースハッカーについての企業の理解の推進」「企業とグロースハッカーが柔軟に協業ができるオープンな市場」に取り組む活動の一環として2015年に創設されました。

スプリットエンジンは日本初のABテスト専門会社として2013年に創業し、2014年にカイゼンプラットフォーム社のグロースハッカープログラムへ本格参加しました。
以来およそ3年で800以上の改善案を作成するに至り、今なお増えています。

今回の受賞では、参加したオファー(改善案件)の採用率、勝率、報酬金額などの審査項目の中で、いずれもトップクラスの成績をおさめた点が高く評価されました。
なおアワードの様子は、Web業界で働くためのオンライン動画学習サービス – Schoo(スクー)によって、インターネットで生中継されました。

今後も引き続き同プログラム上でクライアント企業様の売上貢献につながる活動を行なう予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加